対人恐怖症 | 大樹の対人恐怖症教室

対人恐怖症 | 大樹の対人恐怖症教室 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.23 Tuesday|-|-|-|-

対人恐怖症治療の森田療法ってご存知?

こんちわっすー、今日も読んでくれてありがとうございます。

対人恐怖症の治療方法として、森田療法(大正八年に、精神科神経科医師であった森田正馬氏が創始した精神療法です)というのがあります。

これは、 精神科医(医師といえども人間なので、どうしても患者との相性というものはあります。合わないと感じたら医師を変えてみるのも一つの方法でしょう)の森田正馬氏によって1919年(大正8年)に創始された心理療法(その効果が科学的に認められないものも含めると、衰え切れないほどの理論と技法があります)です。



対象となる疾患は、対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねません)のほかに不安神経症(根拠のない恐怖や不安を感じることで、身体的な症状が現れる神経症の一種です)や強迫観念症などもあって、現在は、日本のみならず、世界的に用いられている療法です。

森田療法は、基本的に入院治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)がメインかと言って、通院治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が行われることもあるみたいです。



治療は第1期から第4期まであり、具体的な流れを説明しますと以下のようになるでしょう。

第1期は、絶対臥褥(がじょく)期と言い、患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)を外からの刺激を受けない個室に隔離し、食事、洗面、トイレ以外の活動を禁じ、ひたすら寝ているようにさせます。

期間は1週間くらい。



第2期は、軽作業期と言い、臥褥時間を減らし、外の世界に触れさせたり、簡単な作業をさせます。

こちらも1週間くらいです。



第3期は、重作業期で、睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれますね)以外は、肉体的な重作業や趣味などなんらかの活動をさせます。

期間は1〜2ヵ月程度。



第4期は、退院準備期。

日常生活に戻る事ができるように、1ヵ月くらいかけて社会生活(法律や条例などに違反せず、周囲の人に迷惑をかけないのであれば、ある程度の自由は認められていますよね)訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。

時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)を行います。



外出、外泊なども許可され、患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)は日記をつけ、専門医(より高度な知識と技術を兼ね備えているでしょう)が添削をします。

それぞれの期間は、人によって異なります。



以上の4つの流れを通じて、患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)は、「ご自身の考え方のパターンを知り、自分の行動パターンを修正し、そして、自分を受け入れる」ことで、快方へと向かいます。

完治率はとても高いと言われているものですが、「全治」や「軽快」の定義がさまざまであるのも事実です。



というわけで、今日はそんな感じ、最後まで読んでくれてありがとう!


この記事の関連ワード
のあなたへ 不登校 克服法 診断 症状 


2012.10.23 Tuesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

対人恐怖症と認知療法のこと!

コニチワー(外人風、皆様お元気ですか?

対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたそうです)の治療方法としては、心理療法(様々なやり方があり、患者の性格や症状によっても向き不向きがあるといわれています)の一つである認知療法で治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)するというのが、現在の日本での主流のようです。

薬物療法を併用することも少なくないでしょう。



薬の服用で対人恐怖症の症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)を抑えつつ、対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)の原因となるようなことを除去していくことで、症状の改善を目指すのです。

認知療法は、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)と患者が1対1で、患者の「認知の歪み」を除外していきます。



認知の歪みとは、ほんの些細な失敗でも過剰なほど自分を責めてしまったり、落ち込んでしまってなかなか立ち直れないと言ったような考え方の癖のことです。

対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)の人は、極端なネガティブな思考だと言う事が多く、自己評価が低いと言うのが特徴です。



過去の出来事から認知の歪みが生じ、そのために自己評価が非常に低くなってしまい、自分が人に不快感や嫌悪感を与えるのではないだろうかと不安(人に打ち明けることで多少は楽になることもあるはずです)を感じて、人と接することに恐怖を覚えるというのが、普通の対人恐怖症の症状となります。

症状が軽いうちであれば、身近な方に相談して、あなたの不安や恐怖を否定してもらったり、不安や恐怖を感じることをあえて行うと言う事で、克服できる事もあるようです。



認知療法は、不安や恐怖を感じる状況を思い出してみて、現れる身体症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)や心の動きを詳細に書きとめます。

そして、その上で、考え方の改善を行っていきます。

もちろん、短い期間で劇的に治ると言う物ではありません。



また、徐々に不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)や恐怖を感じる状況に自分を慣らしていく必要もあるものです。

例えば、手を洗いたくてたまらないのであれば、手を洗うのをできるだけ我慢して、その時間を少しずつ長くしていくといったことを行っていくのです。



さてと、嗚呼,いい気分


この記事の関連ワード
症状 治療法 芸能人 診断 黒木メイサ 


2012.08.01 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

対人恐怖症は治りますよ

(´Å`)ノ【☆゚+.おはよう゚+.☆ 】、今日も頑張ってますか?

人前で緊張し、強い不安(あまりにも頻繁に強く感じるようなら、カウンセリングなどが必要かもしれませんね)感に襲われたり、発汗や頭痛など、身体に症状があらわれるため、社会的接触を恐れ、避けようとする対人恐怖症。

その結果、生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)において必要である人間関係の構築が十分できなくなったり、社会生活に支障をきたしたりすることをなるなど、対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)で悩む人の多くは、誰にも言えず1人で苦しんでいる人が多いです。



しかし、対人恐怖症は治る病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)ですから、一人悶々としていますからはなく、勇気をだして専門医(本や口コミなどを参考にして、自分に合った人を見つけることが大切だといえるでしょう)に相談することがオススメです。

却って、何もせずにほうっておく事で症状が悪化したり、うつ病(心の風邪なんて表現をされることが多いですが、治りにくさは風邪どころではないようです)やひどい引きこもり(本人や家族が問題だと思わなければ、それでも別にかまわないともいえます)になってしまったりすることも。



対人恐怖症(その民族性から日本人に圧倒的に多いといわれています)は早めに治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)すれば、それほど時間が必要なことなく治る疾患なのです。

一般に、対人恐怖症を発症してしまう方にいえることは、ご自身の内面的な部分に目を向けず、外側ばかりを気にする人が多いです。

その為、対人恐怖症(神経症の一種で、あがり症や赤面症、吃音症、多汗症などが代表的です)の一番大きな治療法は、あなたの内面的な部分を見つめ、自分をよく理解することで自立させることです。



そのための方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)として、認知行動療法や森田療法などが行われます。

対人恐怖症(有名人では、夏目漱石やガレッジセールの川田広樹さんも患っていたそうです)については、実際に克服した人の体験談(通信販売の化粧品や健康食品などでは、よく体験談商法が使われます)などがネットに掲載されていたり、書籍なども出版されているので、読んでみるといいかもしれません。

但し、治療は自分で勝手にするのではなく、専門医のもとで行うことが大切です。



なお、対人恐怖症の治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)では、薬物投与もありますよが、あくまでも症状を抑えるためのものであり、根本的解決はならないので、薬には頼りすぎないようにしましょう。



というわけで、お終い!体にお気をつけください♪


この記事の関連ワード
のあなたへ 芸能人 バイト アルバイト 薬 


2012.06.21 Thursday|comments(0)trackbacks(0)|-|-
1
Copyright © 対人恐怖症 | 大樹の対人恐怖症教室 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます