赤面症と心療内科について | 大樹の対人恐怖症教室

赤面症と心療内科について | 大樹の対人恐怖症教室 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.23 Tuesday|-|-|-|-

赤面症と心療内科について

まいど!今日もお付き合いくださいね。

赤面症は対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねません)の中のひとつともいわれており、しっかりと病院を診察してもらう事はとても大切な事です。

けれど、病院を受診するといって、顔が赤くなる症状を治療するには一体何科に行けばよいのか、そして、何処の病院にすればいいのか、悩んでしまうはずです。



まず、赤面症で受診するにあたって最適な科としては、神経病の一種ですよねので、やっぱり精神科(精神疾患が診療対象の診療科目です)や神経科、心療内科、精神神経科等の、精神系や神経系を専門にしている病院を受診する事をお勧めします。

また、一度病院に掛かってしまうと、それから定期的に通院しなければならないかもしれませんので、そのような事も考慮に入れて、通院するのに出来る範囲の病院やクリニックを探すと良いと思います。



自分の行動範囲の中にそういう専門の病院が無い場合には、ひとまず内科を受診すると言った手段ってありますよね。

内科と言って、精神安定薬や抗うつ剤程度の場合だったら処方してくれる病院もありますし、内科では対応できないような症状であれば最も適切な病院を紹介して貰う事ができるからです。



どのような病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)でも同一の事がいえるのですが、早めの治療がとても大切です。

早期の段階で治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を開始行うケースにより、回復も早くなることが期待出来ます。



もしも、赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)だという事があなたの生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)や仕事にまで支障をきたしているようであれば、早いうちから精神科(不調の原因が精神的なものではなく、身体的なものであれば、心療内科を受診した方がいいでしょう)や神経科の病院を受診するようにしてください。



というわけで、みなさん、・・・と、こんな事書いてみる


この記事の関連ワード
症状 バイト のあなたへ 治療法 芸能人 


2012.10.03 Wednesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

2012.10.23 Tuesday|-|-|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 赤面症と心療内科について | 大樹の対人恐怖症教室 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます