対人恐怖症治療の森田療法ってご存知? | 大樹の対人恐怖症教室

対人恐怖症治療の森田療法ってご存知? | 大樹の対人恐怖症教室 記事一覧

スポンサーサイト

-

一定期間更新がないため広告を表示しています


2012.10.23 Tuesday|-|-|-|-

対人恐怖症治療の森田療法ってご存知?

こんちわっすー、今日も読んでくれてありがとうございます。

対人恐怖症の治療方法として、森田療法(大正八年に、精神科神経科医師であった森田正馬氏が創始した精神療法です)というのがあります。

これは、 精神科医(医師といえども人間なので、どうしても患者との相性というものはあります。合わないと感じたら医師を変えてみるのも一つの方法でしょう)の森田正馬氏によって1919年(大正8年)に創始された心理療法(その効果が科学的に認められないものも含めると、衰え切れないほどの理論と技法があります)です。



対象となる疾患は、対人恐怖症(ひきこもりや統合失調症の発症、自殺にも繋がりかねません)のほかに不安神経症(根拠のない恐怖や不安を感じることで、身体的な症状が現れる神経症の一種です)や強迫観念症などもあって、現在は、日本のみならず、世界的に用いられている療法です。

森田療法は、基本的に入院治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)がメインかと言って、通院治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が行われることもあるみたいです。



治療は第1期から第4期まであり、具体的な流れを説明しますと以下のようになるでしょう。

第1期は、絶対臥褥(がじょく)期と言い、患者(病気に感謝できるようになると、克服できるとよくいわれます)を外からの刺激を受けない個室に隔離し、食事、洗面、トイレ以外の活動を禁じ、ひたすら寝ているようにさせます。

期間は1週間くらい。



第2期は、軽作業期と言い、臥褥時間を減らし、外の世界に触れさせたり、簡単な作業をさせます。

こちらも1週間くらいです。



第3期は、重作業期で、睡眠時間(短時間でも横になって寝る方が疲れがとれますね)以外は、肉体的な重作業や趣味などなんらかの活動をさせます。

期間は1〜2ヵ月程度。



第4期は、退院準備期。

日常生活に戻る事ができるように、1ヵ月くらいかけて社会生活(法律や条例などに違反せず、周囲の人に迷惑をかけないのであれば、ある程度の自由は認められていますよね)訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。

時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)を行います。



外出、外泊なども許可され、患者(そう呼ばれないように、常日頃から健康には留意しましょう)は日記をつけ、専門医(より高度な知識と技術を兼ね備えているでしょう)が添削をします。

それぞれの期間は、人によって異なります。



以上の4つの流れを通じて、患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)は、「ご自身の考え方のパターンを知り、自分の行動パターンを修正し、そして、自分を受け入れる」ことで、快方へと向かいます。

完治率はとても高いと言われているものですが、「全治」や「軽快」の定義がさまざまであるのも事実です。



というわけで、今日はそんな感じ、最後まで読んでくれてありがとう!


この記事の関連ワード
のあなたへ 不登校 克服法 診断 症状 


2012.10.23 Tuesday|comments(0)trackbacks(0)|-|-

スポンサーサイト

-

2012.10.23 Tuesday|-|-|-|-
コメント








   
トラックバック
この記事のトラックバックURL:
Copyright © 対人恐怖症治療の森田療法ってご存知? | 大樹の対人恐怖症教室 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます